img_01

ガスを使った省エネ設備もニチガスにお任せ。

エネファームとは、家で使う電気とお湯を一緒に作り出すシステムです。

これは、電気を使う場所で発電するので、送電で発生する無駄がありません。
従来の発電方式で捨てていた、発電の際に発生する熱もお湯として利用できるということです。

同じ量の電気と熱を使う場合、これまでよりもCO2の排出量が少なくなります。
さらに音も静かで、排気もクリーンな環境に配慮した発電装置が、東京ガスや大阪ガス、
ニチガスが取り扱う発電装置なのです。

このエネファームは、都市ガスやLPガスを使って、電気とお湯を作り出します。
電気と熱を発生させる燃料電池ユニット・燃料電池ユニットで発電時に発生する熱を
利用してお湯をためる装置の、排熱利用給湯ユニットで構成されています。

東京ガスや大阪ガス、ニチガスが取り扱うエネファームは、
従来のシステムよりも環境性や快適性はもちろん、経済性にも優れています。
エコに発電することにより、エコなお湯が出来ます。

エコで便利な暮らしを可能にするのが、東京ガスや大阪ガス、
ニチガスが取り扱うエネファームなのです。